ドリフトミノー5月発売予定!

【155話】バス釣りYouTuberってどう?

【155話】バス釣りYouTuberってどう?

バス釣りYouTube

今回はいつもと話題を少し変えて、バス釣りYouTube動画について話したいと思います。

私がYouTube動画投稿をはじめたのは約6年位前の事です。
当時は『ワッショイtaka』という意味不明なチャンネル名で、趣味の延長線で『自己承認欲求』を満たす為の気軽なスタートでした。

『ワッショイtaka』YouTubeチャンネルはたいした編集もない雑な動画ではありましたが、順調に登録者数を伸ばしていきました。

しかし…その約数ヶ月後には、知ってる方も多いと思いますが…動画を全部削除して自らチャンネルを閉鎖するという、残念な結果で終了してしまいました。

“幻”の釣り動画チャンネル『ワッショイtaka』…笑

『ワッショイtaka』の閉鎖

閉鎖した理由を簡単にいえば…『面倒になった』

面倒になった理由は、以前のブログで軽く触れてますが…
ブラックバスという現在の日本で『特定外来生物』に指定されている魚を、YouTube動画で取り扱う上での配慮が欠けていた。
その為…動画をみた視聴者から批判的な指摘を受けるようになった事が発端になります。

一般的な『指摘』であれば、ある程度は理解した上で『大人の対応』をしていたと思いますが…

中には誹謗中傷的な内容もあり、当時の私はその指摘に対して『子供の対応』をとってしまい“火に油を注ぐ”形で『姿の見えない相手』と戦いをしてしまいました。

不毛な争い

そもそもYouTube動画を投稿する目的に、高い志がある訳でもなく『自己承認欲求』レベルなので、余計な“ストレス”がプラスされた時点で、趣味として『楽しく』やっていた事が楽しくなくなる。
そして、楽しくない『趣味』を続ける意味はなくなります。

多少の迷いはあったと思いますが、キッパリとその時は動画削除してチャンネル閉鎖という方法をとりました。

ただ…悔しい感覚もあり『リベンジ』の気持ちが、その時には既にあったと思います。
それが…その後の『SmBDスモールマウスバス道』に繋がる感じです。

最近の川バスYouTuber

私の話はこれくらいにして…

今年になって?バス釣りのポイントをひたすら紹介し続ける。
という新しいYouTuberが登場しました。

自分の釣り仲間の間でも話題になりましたが、正直…既にポイントを知ってる人から歓迎はされる事はなく、否定的な意見がほとんどでした。

ただ…私的には特に否定的な気持ちはなく“川バス釣り”の裾野が広がればいいなぁ~
そんなくらいに思ってました。

チャンネル閉鎖

しかし、先日突然そのチャンネルが閉鎖されてしまいました。

閉鎖の事情を知るよしもないですが…

“賛否”は別れる内容ではあったと思いますが、世間一般の基準から考えてGoogleから削除される事はないと思うので、恐らく投稿者自ら閉鎖した可能性が高いとは思います。

勝手な推測ではありますが…
過去の自分の閉鎖と同じように、面倒になったのではないのかな?

動画投稿の目的は、私のように『自己顕示欲』を満たすタイプの動画ではなく、初心者想いの『ボランティア精神』に溢れるタイプの動画でもなかったと思います。

恐らくですが…『収入』の部分が大きかったのでは?と思います。

そうだとすると…
このチャンネルは登録者が数ヶ月で1000人を超え、いわゆる“広告収入”が入る状態になった直後のチャンネル閉鎖という状況から考えて…
その『収入』が想像以上に低かったのではないか?

私も含め、チャンネル登録者が1万人未満の弱小YouTubeチャンネルから得られる『広告収入』は“お小遣い”程度の僅かなモノです。

プラス面とマイナス面のバランス

ただ…『収入』は少ないですが…話題になればなるほど、その反響は大きくなります。
そして、バス釣りという『狭いカテゴリー』での認知度は想像以上に上がったと思います。

その反響が好意的な内容であれば問題ないですが、否定的な内容が増えれば増える程…続ける意味を考えると思います。

『プラス面』と『マイナス面』のバランス。

『プラス面』は“収入”であったり好意的な人達のパワー。
『マイナス面』は否定的な人達のパワー。

このバランスで『マイナス面』が大きくなり、『プラス面』とのバランスが崩れてしまうと…
投稿者自身のメンタルパワーも関係あるとは思いますが、動画投稿を続ける“意味”がどんどんなくなり、そもそも楽しくなくなります。
たいした収入もなく…『仕事』でもないのに、楽しくない事を続ける人はいません。

バス釣りYouTuber

他のYouTuberの事をとやかく言える立場にない私ですが…
数年前にも、つくば市を中心にしたバス釣りYouTubeチャンネルがありましたが、あの方々もその『バランス』が崩れてしまった感じがしました。

現在…YouTubeというSNSは成長を続け、今後も様々な目的を持ってYouTubeチャンネルを作り動画投稿をスタートされる方も増えると思います。

私と同じように、趣味の延長線で『自己承認欲求』を満たすタイプの動画投稿をストレスなく長く続けたい方は、『バランス』を大切にすることをオススメします。

『炎上商法』は“仕事レベル”であればいいと思いますが、“趣味レベル”ではきついと思います。

『鋼のメンタル』の持ち主であれば…別ですが…笑

The following two tabs change content below.

釣りいい話カテゴリの最新記事