冬の川スモール攻略法

【139話】冬のポイント解説【YouTube動画】

今回のYouTube動画は、ニゴイのミノードリフトからスタートして→冬のポイント解説→チビスモールから45㎝のブリブリ1,6キロのスモール。
そんな内容になります。


冒頭のニゴイのミノードリフトパターンで、このポイントでは、先月から3投連続も含めて、10本くらい釣ってますが、スモールは1本もなし。

自分的なセオリーとして『ニゴイと川スモールのフィーディングポイント(エサを食う場所)』は同じ。というのがありますが…

この結果は気節的なモノなのか?
それとも水深等のポイント的条件でスモールが付きにくいのか?
来年のハイシーズン時に検証したい部分です。

その後は、毎度お馴染みの“ダラダラ解説”ですが…
今回は『冬の川スモール』に関して解説してます。

すでに話をした内容も多いですが…
これから狙う『ピンスポット』に関しては、やはりディープエリア上流側のブレイクが絡む地形変化が、かなりキーポイントになるのは間違いないと思います。

ディープエリアの上流側にあるブレイク

1,ディープエリアの魚のストック量が多い。

2,ブレイクが大きい(より急角度がよい)

3,ハードボトムでゴロタ等の地形変化が多い。

更に、この辺の条件が揃うと、より良い『ピンポイント』になると思います。

今期こそは…こんな『ピンポイント』を見付けたい所ですが…
さぁーどうでしょう?(笑)

ABOUT ME
yasu
yasu
スモールマウスバス道/SmBD代表