釣りいい話

【132話】ゴープロVS中国製アクションカメラ

今回は釣りの話ではなく…
釣りの時に撮影で使用しているアクションカメラの話になります。

私が川スモールマウスバス釣りのYouTube動画投稿をはじめるきっかけは、〝パナソニック製アクションカメラ〟を購入した事でした。

以来…YouTube動画投稿数は約150本。
アクションカメラは私の釣りに欠かせないモノになります。

長年使用していた『パナソニック』アクションカメラは、使い慣れていましたし機能面でもトラブルなどは一切なく…満足してましたが…
唯一の不満はバッテリーの交換ができない為に長時間録画ができない点でした。

なので…その辺が改善された、新機種の登場をパナソニックさんには期待していたのですが…
残念ながら、パナソニックアクションカメラは生産終了になってしまい…当然新機種の登場もなくなってしまいました。

という事で…それをきっかけにバッテリー交換が可能な新しいアクションカメラを購入する事にしました。

アクションカメラ比較

今回は、購入したアクションカメラを『撮影から編集&動画投稿…』までの一連の作業をトータルで比較してみます。

今回比較するのは、アクションカメラの代表格『ゴープロGoPro hero6ブラック』と安さが売りの中国製アクションカメラ『Victure アクションカメラ 4KフルHD』になります。

ちなみに私の判断基準としては〝高くて性能が良いのは当たり前…まずは出来る限り低価格。そして撮影から動画投稿までの基本作業がトラブルなくできる事〟です。
要するに『コストパフォーマンス』を重視します。

購入前の単純なコスト比較としては、ゴープロ約5万円。中国製アクションカメラ約5千円。

ざっくりですが…値段の差は約10倍。
宣伝文句等を見る限りでは『10倍の差』を感じませんし、動画撮影と編集&投稿ができれば充分で高性能が不要の私には…先ずは中国製アクションカメラから購入する事にしました。

Victureアクションカメラ

Victure
¥5,680
(2019/09/15 07:35:59時点 Amazon調べ-詳細)

まず…実際に使用した率直な感想としては…
『これは…厳しい』です。
圧倒的な値段の安さを差し引いても…これでYouTube動画投稿を、今後する気にはなれませんでした。

本体&付属品の全体的な作りに関して不満はありません。
ボタンやタッチパネル操作の反応の悪さはやや気になる所もありましたが…許容範囲だと思います。
そして画質に関しても4kなのか?その辺はよくわかりませんが…やはり〝値段〟を考えれば充分だと思います。

なので…所有者の使用目的によっては充分な機能が備わっていると思います。

ただ…私の場合は長時間の録画をして、それを編集するという作業があるので、その編集作業がストレスなくできる事が大切なポイントになりますが…
残念ながらそこが出来ませんでした。

ちなみに…動画編集する際には『パナソニック』も『ゴープロ』も『Victure』もそれぞれの専用アプリを使いWi-Fi接続してアプリに映像を落とすのですが…
Victureは専用アプリの操作性に難ありでした。

とにかく接続が悪く、表示言語も中国語になったり英語になったり。
使い方の説明もよくわからない。

慣れれば何とかなるのかもしれないのですが…
IT音痴の私には無理でした。

ゴープロhero6ブラック

GoPro(ゴープロ)
¥36,395
(2019/09/15 07:35:59時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに…釣り具も『リール』や『ロッド』で10倍の金額差があるモノは多数ありますが…
私自身は正直…『リール』や『ロッド』で10倍の金額差を感じる事は全くありません。

では…『ゴープロ』と『Victure』との間には、10倍の金額差を感じるのか?

私の個人的な結論としては…
『ゴープロhero6ブラック』を使用し動画投稿まで一連の流れを経験して…
本体の質感、画質、操作性、アプリ性能…etc.
トータル性能で考えた場合。ゴープロと中国製アクションカメラには、10倍まではいかないにしても…値段と比例した〝明確な差〟がある事は間違いないと思います。

もちろん…所有する方の使用目的や頻度。携帯やパソコンの精通度という点での、個人差はあるとは思いますが…
私が一番感じた違いは『信頼性からの安心感』です。

『ゴープロ』も『Victure』も4K対応でスペック的な部分で大きな違いはないと思いますが…
『それらの機能に信頼性があるのか?』
そこに違いがあると思います。

仕事ではなく…趣味で使用するモノにはなりますが…
やはり、せっかく撮影した動画がちゃんと撮影保存され編集できるという…
アクションカメラとして最も基本的な部分が『ゴープロ』の方が圧倒的に優れていると思います。

どちらを選択するのか?

『中国製アクションカメラ』で実際にYouTube動画投稿している方も多数いますので、もちろん『中国製アクションカメラ』でもやり方次第では充分に可能だと思います。
ただ…その中でどれだけの信頼性をカメラに持つ事ができるのか?

選択する上で重要なのは…やはり『使用目的』になると思います。

例えば…『一生に一度の結婚式や運動会…など』撮影対象が大切な事柄になればなるほど、より信頼性の高い『ゴープロ』を選択した方がよいと思います。
趣味の中で気軽に動画撮影を楽しみたい方であれば『中国製アクションカメラ』で充分なのではないかと思います。

ABOUT ME
yasu
yasu
スモールマウスバス道/SmBD代表