秋の川スモール攻略方法

【131話】50アップ川スモール/ディープドリフト/YouTube動画

今回もYouTube動画のフォローブログになります。

動画内容は…
春~夏のドリフトの釣りをするエリアよりも、ややディープ(深い)でカレント(流れ)もしっかりあるエリアを、約6㌘のシンカー(重り)を使い、しっかり底をとりながらスローにドリフトで攻める釣りになります。
ちなみに、いつもは2~3㌘のシンカー(重り)を使ってます。
動画では51㎝(実釣シーンはなし)48㎝42㎝…などが釣れてます。
⭐YouTube動画⭐
⬇⬇⬇⬇⬇

ディープドリフト釣法

この釣りのポイントは…

1,シンカー(重り)を調整して、しっかり底をルアーがコロコロ転がるようにする。
2,流れより遅いスピードでゆっくりドリフトさせる。
3,リーダーの長さは10~20㎝で短めにする(しっかり底をとる為に)

この3つです。

流れと同じくらいのスピードでドリフトさせると、魚は恐らくスルーして食ってきません。
そして魚は底にベッタリ付いている状態だと考えられるので…ふわふわ水中を漂う感じでもスルーします。

この釣りで狙う魚は、それほど積極的に捕食をする感じではない、秋のデカイ個体(ビッグ川スモール)です。
『やる気指数』としては50%くらいですが…
付き場所が絞り込めれば…この時期はそこに高確率で付いている場合もあります(恐らく休憩場所)
なので…狙ってビッグスモールを釣ることが可能です。

シンカー(重り)の重さを調整する

シンカー(重り)はそれぞれのエリアの〝流れの速さ〟〝水深〟によって、しっかり『スローに底をとりながらドリフト』するように調整する事が大切です。
私は2㌘~12㌘のシンカーを使い分けてますが…
河川の場合は『水量&流れの速さ』は日によってガラリと変わります。
その日の状況にしっかりアジャストさせる事が必要です。

この釣りはタイミングが合えば『秋のスパービッグスモール』が連発する可能性があります。
エリアを見付ければ秋の強いパターンになると思います。

今回51㎝川スモールを釣ったルアーは…
川スモール最強ルアー?イモグラブ40です。
↓↓↓↓↓↓

ゲーリーヤマモト イモグラブ
¥857
(2019/09/15 01:34:57時点 楽天市場調べ-詳細)

ABOUT ME
yasu
yasu
スモールマウスバス道/SmBD代表