川スモール攻略法

【125話】YouTube動画『ピン狙いドリフト釣法』

    今回はYouTubeに動画アップした『ピン狙いドリフト釣法』のフォローブログになります。
    動画内でもあれこれと解説してますが…少しわかりにくい点もあると思います。
    『ピン狙いドリフト法法』に興味のある方は…このブログ内容も合わせて、参考にして頂ければと思います。

    ピン狙いドリフト釣法

    今回の動画『ピン狙いドリフト』で一番のポイントとしている点は…
    ライン(糸)の存在を魚に感じさせる事なく、狙いのピンスポットまでドリフトさせ…そして食わせる…という事です。

    釣り人の立ち位置

    この『ピン狙いドリフト』で大切になってくるのが、釣り人がキャストする“立ち位置”です。

    “立ち位置”に関しては…
    『分度器』をイメージして頂くと、少しわかりやすくなると思います。

    釣り人の“立ち位置”『分度器』の中心として説明すると…

    スモールが着いている、狙いのピンスポットは下流側の40度付近。
    そこにナチュラルドリフトさせる為に、キャストするのは前方の110度付近。

    そこからダウンクロス気味にドリフトさせながら、しっかりラインスラッグ(糸よれ)を取る事で、ラインの存在はバスに感じさせる事なく、ルアーだけをバスの鼻先に入れる事ができます。

    しっかり底を転がす

    プラス…動画内でも言ってますが…
    ドリフト釣行での経験上、しっかりと『底をとって転がす』事も大切だと感じます。
    その為には、“水深”や“流れの強弱”によって“シンカーの重さ”とスプリット(ルアーとシンカー間)の距離が大切になってきます。
    ルアーとシンカーの距離をキャスト毎に調整可能な『フリーライトキャロライナリグ』を自分は使います。
    ★『フリーライトキャロライナリグ』★
    SmBD YouTube動画↓↓↓↓↓

    夏の川スモール

    これから梅雨が明けて本格的な夏シーズン到来です。
    正直…今年も厳しい暑さの夏になりそうてす。釣り人にとって非常に厳しいシーズンになります。

    ただ…夏は“ピンスポットで狙って釣ることが可能”そんなシーズンでもあります。
    今回紹介した『ピン狙いドリフト』は短時間で、釣れる時は『ポンポーン』って釣れます。
    皆さんも…熱中症対策は万全に夏の川スモールを楽しんで頂ければと思います。

    ABOUT ME
    yasu
    yasu
    スモールマウスバス道/SmBD代表