【66話】那珂川スモールマウスバス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

6月中旬の話ですが…茨城県那珂川に3度目のチャレンジで行って参りました。

過去の2回は…昨年の8月と今年の5月。

2回共に『ノーバイト&ノーフィッシュ』の完デコ。
那珂川のスモールマウスはおろか…魚にすら触れたことない状況です。

那珂川は川の規模でいえば、荒川や多摩川と同じくらい。
全体的にシャロー(浅い)な感じなので多摩川に似てます。

ただ、多摩川に比べると堰などの川をせき止めるマンメイドストラクチャー(人工建造物)が少なく、私にとってはポイントの絞り込みがとても難しい。

釣れるエリアの情報をもらい、いざそのエリアに到着して川を眺めても~

『えっ?…ここが??』って感じで…
何処にでもあるような風景に感じてしまいます。

実際にまだ釣った経験もなく、ピンスポットがまるで掴めていないので、得意の『スプリットショットリグ』で探ると1か月は掛かりそう…(笑)

なので、広範囲を『巻き』の釣りで探る形で今回もスタートしました。
ルアーはメガバス『ワンテンJr.』のエロピンク…(笑)

yasu 那珂川スモールマウスバス。2017.6 BIGBASSFISHING – YouTube

結果はグッドコンディションの約46㎝のスモールマウス1本でした。

流れの瀬になっているエリアでアップストリーム気味にワンテンJr.を引き、BIGスモール特有の根掛かり?って思うような吸い込みバイトでの1本でした。

しかし…その後は見事なノーバイト。
那珂川スモールマウスの攻略には、まだまだ時間が掛かりそうです。

今回ようやく手にできた那珂川スモールマウスバスですが…
噂に違わず凄い体高をしてます。
f:id:yasufumi617:20170625073343j:plain
まるで…『鯛』ですね(笑)

川に流れがある程度あり、メインベイト(餌)が鮎のスモールマウスはこういった立派な体高になる傾向があります。

次回の那珂川挑戦は恐らく8月になると思いますが…
是非とも50アップを釣り『鯛』ですね~(笑)

コメント

  1. 黒猫ジャンキー より:

    こんにちは、渡良瀬川 鬼怒川は中州の下流側の終わりに着いてたりしますね サイズはなかなかあがらないけど 堰がいっぱいの時は 中州に行きます ボイルしてたりしますよ 上流側 始まりは釣れた事ありませんが…阿武隈川でも中州で釣ったよな 堰堤だったかなぁ? 通わないと状況変り過ぎて攻略難しかったりしますもんね 頑張って釣って下さい スプーン釣れますよ~

  2. 黒猫ジャンキー より:

    追伸 こんにちは、スモールはラージに比べ捕食範囲が狭いよに感じるんですが、捕食ポイント過ぎるとあんまり追って来ないように感じます そんな事ないかな?

  3. satobe より:

     こんにちは!茨城県在住で那珂川はホームのsatobe と申します。那珂川はもっと上流域のほうが魚影は濃いですよ!一つ気をつけて頂きたいのが、那珂川は10月、11月は河口から栃木県の県境まで全面禁漁になります。以前はバサーは黙認されていましたが、鮭の密漁が多発化しバサーやシーバスマンを装って鮭釣りする輩が激増したので2年ほど前からこのような事態になりました。これ以上バスフィッシングへの逆風を強くしないためにも、必ず守って頂きたいと思います。また、那珂川で釣りを楽しむためには例外なく入漁券が必要になります。僕は年券(¥3600程度)を購入していますが、やはり漁協が管理されている内水面で釣りをする場合は最低限のマナー?として入漁券を購入して楽しんで頂きたいです。水戸市内のショップなら取り扱いしています。
     現場で入漁券の確認をされる事はほとんどありませんが(笑)、バサーもキチンと入漁券を買って釣りをしているんだ!という、アピールにもなります。当日券も確か500円くらいです。めんどくさいヤツと思われるでしょうけど、これ以上バスフィッシングが合法的?に出来るフィールドを減らさないためにも、よろしくお願いします。

  4. yasufumi617 より:

    satnbeさん
    ありがとうございます。
    川スモールマウスバスは現在の日本では特に日陰な釣りですからね。
    寂しい話ですが…現状をこれ以上悪くするのも、良くするのもバサー一人一人の行動で決まると思います。
    私も気を付けて釣りを楽しみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました