スモールマウスバス道

川スモールマウスバスを中心に攻略方法、釣果情報等を中心に更新中です

【55話】GWのハイプレッシャーを攻略するリグ。

5月に入りゴールデンウィークも真っ最中という事で、川スモールマウスの釣りポイントも普段はなかなか忙しくて釣りに行けない方々等でとても賑わっています。


しかし…期待に反して釣果は“イマイチ”なんて方も多いのではないかと思います。

やはりアングラー(釣人)が多ければ、それだけ釣られるバスも多くなりバスの警戒心は高くなります。
そして1度釣り上げられたバスが直ぐにまたルアーを食ってくるなんて事はまずありません。

川スモールマウスバスはラージマウスバスに比べて回遊性が高いですが、そんなに頻繁に新しいバスが次から次へとポイントに上がってくる事はごく稀です。


今回はそんなプレッシャーが高いこの時期に、サイズは置いといて…
なんとか1本を絞り出す『最強リグ』を紹介します。

それは『ロングリーダーのスプリットショットリグ』です。


【必要物】
1.スピニングタックル

これはロッド(竿)とリールがあれば何でも大丈夫です。
持ってない方は近くの『釣具屋さん』に行って1.980円のセットを購入してください。

2.ライン(糸)
自分はナイロン8ポンドを使ってます。

3.フック(針)
マス針
自分が使ってるのはコレ⬇⬇⬇
f:id:yasufumi617:20170501131457j:plain

4.シンカー(オモリ)
ガン玉3~4g程度
自分が使ってるのはコレ⬇⬇⬇
f:id:yasufumi617:20170501164508j:plain

5.ルアー(ワーム)
3インチ程度の小型シュリンプ系(エビ系)のですがワーム。
グリーンパンプキン等の自然なカラーのものをセレクトしてください。
自分が使ってるのはコレ⬇⬇⬇
f:id:yasufumi617:20170501164533j:plain
エバーグリーン『C4シュリンプ』2.8インチ
f:id:yasufumi617:20170501164542j:plain
O.S.P『ドライブシュリンプ』3インチ

以上の五点です。


☆リグの作り方☆

まずロッドにリールを付けてガイドにラインを通した状態からスタートです。

まずラインの先にフック(針)を結び付けます。
そしてそのフック(針)の約50㎝上方にガン玉のシンカーを付けます。

そしてフック(針)にルアーのお尻側をチョン掛けして完了です。


★釣り方のポイント★

川の上流方向にキャストしたら、そのままリールを巻かないで、ルアーを川の流れに乗せてコロコロと下流へ流します。

なのでリールを巻くのは『ルアーを回収する時』か『釣れた時』だけだと思って下さい。

『キャスト』➡『放置』➡『回収』そしてまた『キャスト』➡『放置』➡『回収』の繰り返しになります。

とにかく流れに乗せて下流自然に流す事がポイントです。

そして…釣り場はアングラー(釣人)が沢山いる人気ポイントで是非やってみて下さい。
アングラーが沢山いる人気ポイントは魚も沢山いる証拠です。
そして、この『スプリットショットリグ』を使ってるアングラーはほとんど居ませんので、他のアングラーとは違う釣りになります。
だから…釣れるのです。

★私が先日GWに釣った参考動画★

yasu 『GW』のハイプレッシャー攻略はスプリットショットリグ。川スモールマウスバス釣り荒川水系2017.4 - YouTube