スモールマウスバス道

川スモールマウスバスを中心に攻略方法、釣果情報等を中心に更新中です

【38話】晩秋のビッグ川スモールマウスバス。

本日10月24日の月曜は埼玉地方は朝から快晴です。

お昼14時過ぎで入間川の水温は16度…
なので先週と比較して1~2度は落ちてきてます。
朝晩すっかり肌寒くなって来てますからね~

そろそろビッグ川スモールを『流れ込み』で狙うにはかなりの『忍耐力』が必要な水温です。

今までも再三このブログにて紹介しているビッグ川スモールを『流れ込み』で狙うパターンとして…
夜に回遊してきたスモールが朝になってもそのまま『流れ込み』に止まる時があります。
この魚が居れば一番のラッキーで1投目で“ドッカーン”と釣れます。
ただ…最近急激に増えた先攻者が居れば…釣られてる可能性が大です。

その魚が居なければ…後はひたすら『回遊』待ちです。
ハイシーズンであれば3時間に1回程度『回遊』があるので…粘れば釣れる可能性が高いですが…

この時期になると…正直『回遊』のタイミングが残念ながら今の所、私には掴めてません。
ハイシーズンでは少ない20~30㎝のサイズの『回遊』は比較的あったりするんですが…
45㎝を超える“ビッグスモール”の『回遊』の確率が極端に悪くなります。

私は性格的にひたすら『流れ込み』にキャストを繰り返す単純作業は…2時間が限界。
腱鞘炎になります(笑)

なので…この10月は『流れ込み』はチラッと顔を出して『ラッキー』狙いで30分程度やって『今日もおらんね~』って言って終了するのが…最近のパターン(笑)

そして、その後は前のブログで書いた通りに《真冬に“ビッグスモール”を釣る!》ための『場所』を探してラン&ガンしながら『ディープ&流れのヨレ』をスピニングタックルで狙って20~30㎝の“スモール”なスモール数匹と遊んでもらって終了する。

今の所…《真冬にビッグスモールを釣る》エリアは全く掴めてません…
誰かヘルプ ミ~~~(笑)

そんな感じの…ここ1週間ですが~

本日…なんと!
『流れ込み』以外のエリアで、しかも『巻き』で48㎝のビッグスモールを釣りました!!
↓↓↓↓↓
f:id:yasufumi617:20161024172256j:plain
エリアは『流れ込み』のすぐ上流側で完全に流れが止まっている場所です。
ここでは以前にも『アフタースポーン』の時にデカイのを釣った事があるんのですが…
その時と完全に同じパターンの『リアクション・バイト』でした。
川底の障害物に軽くルアーが引っ掛かっり…それを外した瞬間の『ヌメ~』っとしたバイトでした。
『スレッジ6』の後ろフックに辛うじて1本掛かり。

正直…『ラッキー』な要素が強い魚だとは思いますが…
『流れの止まったエリア』に居た魚という点などを取ってみても、これからの時期に『ビッグスモール』を釣る為のヒントにはなる魚だとは思います。

やはり…これからの時期は『流れがない』か『流れが弱い』エリアがキーポイントになりそうです。