スモールマウスバス道

川スモールマウスバスを中心に攻略方法、釣果情報等を中心に更新中です

【24話】動画★台風直後に約50㎝のスモールマウスバス

8月17日に関東地方の太平洋岸を北上して通過して行った台風。

前日の予報では埼玉地方への直撃はなさそうですが、それでもやはり台風通過は釣行の際は気になります。安全第一!

台風の後での釣行で気になる部分はやはり『濁り』と『水量』の2つ。

『濁り』の中でも~いわゆる『土茶濁り』の状態になると、バスはまず『口を使わない』ストラクチャーの中に身を隠して『濁り』がなくなるまでじっとしているのが一応のセオリーです。

私の荒川水系での経験では『土茶濁り』になる時は必ず川自体がかなりの増水になります。
そして普段キャストする場所も増水で浸水してしまい、キャスト不能状態になります。
そうなると当然ですが……無理すればかなり危険ですし、とてもキャストする気持ちにはなりません。

ただ河川というシチュエーションの場合は『濁り』の回復は意外にも早く、朝がダメでも午後には回復している場合もあります。
更に荒川水系で『土茶濁り』になる時のポイントは上流域(秩父地方、群馬)での雨量になるため、今回の台風は太平洋岸の沖を通過するため、下流域に比べれば上流域での雨量は少ないことが予想されます。
また、その逆で下流域は全く雨なんか降ってないのに、上流域でゲリラ豪雨とかがあると『土茶濁り』なんて事も起こります。

そんな点から前日に一緒に出撃予定であったパートナーと連絡した際は『台風通過だけど明日は恐らく大丈夫なんで~行きましょう』って事で朝5時半集合で出撃決定です。
川の状況を直接見てみての判断になります。


ポイント到着は朝の7時頃。
川の状況は多少の増水&濁りがありますが、十分にキャスト可能です。


先ずは荒川水系中流域のポイントからスタートします。
本流はやはり『濁り』がきつめの為に流入河川の流れ込みを中心にルアーをローテーションさせながら狙います。

しかし、反応は鈍くスモールマウスバスはお留守の様子です。
スモールマウスバスが居ない時の定番でキャットフィッシュ&ニゴイくんはそれぞれ1本キャッチ。


移動…


次は荒川水系支流のポイントに入ります。

こちらは荒川本流に比べて『濁り』の影響少なく水量が増えたグッドコンディション!

いつも通りに流れ込みにフィーディングで上がって来てるスモールマウスバスをねらいます。
すると、開始してすぐにメガバスの110にて


f:id:yasufumi617:20160819114123j:plain


約50㎝のスモールマウスバスをキャッチ。狙い通りのフィーディングのバスです。

その後も直ぐに同じパターンで
約46㎝を追加。



およそ20分で2本のグッドサイズのスモールマウスバスをキャッチしました。

その後は1時間程度で続行して更なるサイズアップを目論みますが……
台風一過の暑さに加えて『飲み物』の持参も忘れた為に…集中力が切れてしまいダウン。

昼前には早々と終了しました。

やはり夏の快晴&無風はキツい。
皆さんも釣行の際は『飲み物』を持参で行きましょう。

動画は今回に釣った約50㎝!?のグッドスモールです。

yasu 出た!?50㎝オーバーのスモールマウスバス2016.8BIG smallmousebass - YouTube