スモールマウスバス道

川スモールマウスバスを中心に攻略方法、釣果情報等を中心に更新中です

【110話】11月初冬の川スモールマウスバス

yasu 11月冬バス釣り/川スモールマウスバス/bassfishing/2018年11月 - YouTube

この動画は先日11月頭にYouTubeにアップした、あるエリアで連発した時のものです。

この日は11時頃にこのエリアに入り、はじめはノーバイトでしたが、13時過ぎ水温の上昇と共にバイトが出始め…15時過ぎには『10投10バイト』という投げればバイトがでるという正に“秋爆”という状況でした。

この11月も間違いなくエリアを絞り込めれば確実に『狙って』釣る事は可能です。

“春夏よりもむしろ釣れる”事も珍しくはありません。

 

ただ…11月になると…釣果が“厳しくなる”という方が多く居ます。

では…なぜ『厳しい』と感じる方が多いのか?

 

結論から言ってしまうと…

簡単ですが…『今まで春や夏に釣れていたエリアでは釣れなくなる』

からです。

ただ…これは川スモールが釣れなくなるのではなくて、あくまでも釣れるエリアが変化するだけです。

 

では、なぜ?今まで釣れていたエリアで釣れなくなるのか?

 

この理由は幾つか考えられますが… 

今回は1つの理由に絞り込んで考えてみます。

 

それは『ベイト(餌)の動き』です。

 

スモールマウスバスの『行動基準の根本』になるものは大きく分けて2つ

①捕食活動(生命の維持)

②産卵活動(種の保存)

 

②の産卵活動は春先の事になりますので、この時期は関係ありません。

 

①の捕食活動は、この『ベイト(餌)の動き』と密接に関係してきます。

 

スモールマウスバスのベイト(餌)は

①小魚

②川虫

③えび、蟹

④昆虫(セミ、トンボ)

等になると思います。

 

11月になるとこれらのベイト(餌)はどういった動きをするようになるのか?

 

基本的に水温の低下と比例する形でこれらの餌たちの活性も低下します。

セミ、トンボ等の昆虫は死んでしまいます。

 

そして水温が10度を切るような状況になると水中生物の活動はほぼ停止します。

しかし…流れのない所、コンクリートストラクチャーのある所、北風がブロックされる所、水深が浅い所…等々

エリアによっては真冬(1月2月)でも日中晴れの日が続くと水温は上昇しベイト(餌)もそのエリアでは活性が上がります。

 

ベイト(餌)の動きは各々の河川の状況によって違いがあると思います。

ただ…その状況を把握して、ベイトが活発に動くエリアを見付ける事が出来れば確実に釣果に繋がるのが、この11月という季節になると思います。

ちなみに私がメインにしている荒川水系では、テトラ帯に2.3㎝のベイト(小魚)がいるエリア。

これが11月に爆釣する可能性のあるエリアです。

f:id:yasufumi617:20181108171623j:image

(写真)テトラ帯にいる小さなベイト(小魚)

【109話】冬の『放置パターン』解説

11月になり…荒川水系もエリアによっては水温15度を切り始めました。

 

川スモールマウスバスを狙う場合…

水温が10度を切ると『交通事故』的なラッキーフィッシュ以外は…しっかりパターンにはめ込んで『狙って釣る』ことは非常に難しくなります。

 

ただ…私の経験上、この11月の水温10度~15度の間であれば、まだ『放置パターン』で狙って釣ることが可能な季節です。

 

今回はその『放置パターン』の肝になる部分を1つ解説します。

以下…当ブログの過去内容も参照下さい

※『88話・冬のパターン』

http://www.yasufumi.biz/entry/2017/11/18/193637

※『89話・冬のパターン解説』http://www.yasufumi.biz/entry/2017/12/12/223712

 

具体的に『放置パターン』とは川底にルアー(ワーム)がポツンと石ころのように動かない状態が基本になります。

この辺は『放置』という言葉でイメージできる部分だと思います。

 

では、スモールマウスバスは実際にどのような状況でこの放置されたワームを食うのか?

そこが今回のポイントになります。

 

普通のイメージとして…

先ずスモールマウスバスの目の前にルアーを送り込む。

はじめは全く反応しないが…それをしばらく動かす事なく1ヵ所にポツンと放置させる事によって、次第にバス自身に興味が生まれてくる。そしてゆっくりルアーに近づいてきて、最終的にパクッとルアーを食う。

 

こんなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?

 

実はこれは間違いです。

 

基本的にワームを放置させる場所にスモールマウスバスは居ません。

正確には放置を開始する時には居ない。

という事です。

 

ワームを放置させる場所はスモールマウスバスの『捕食場所』もしくは『捕食場所への通り道』です。

 

捕食活動の為に餌を探しながら移動してきたスモールマウスバスがポツンと川底にあるルアーを見付ける。

そしてルアーを食べる。という事です。

 

これは私がサイトフィッシングを通してスモールマウスバスの行動を観察する中でわかった事なのですが、ワームを動かしてスモールマウスバスに近づけても全く反応しません。むしろ嫌がって逃げます。

この時にワームの存在もそうですが…ラインの存在もスモールマウスバスは非常に嫌います。

 

普通のバスフィッシングはアングラーがルアーを動かしアピールさせてバスを誘うのものです。

しかし…この『放置パターン』は逆でルアーをアクションさせてはいけない。

あくまでもスモールマウスバスの自発的な動きの中で自らが川底にポツンとあるルアーを見付けた時にだけルアーを食います。

それが『放置パターン』の肝になります。

 

YouTube参考動画★

冬の放置パターン解説

https://youtu.be/vp6Hjgx-wa0

冬のパターン解説

https://youtu.be/B_Y3F4FS0pU

【108話】第7回SmBD川スモール大会

10月20日に第7回SmBD川スモール大会を開催しました。

前回の10月10日の平日開催では参加者7名中6名が35㎝以上のキーパーをキャッチするというハイレベルな結果で終わりましたが…

今回はその時よりも季節はかなり進行し、荒川本流の水温も20度を切り出すというコンディション。

相変わらずコバス君たちの動きは活発ですが…秋ならではのBIGスモールの動きは読めない状況です。

はたして今回はどんな結果になるのか??

 

今回は土曜の開催で参加者は10名。

頻繁にフィールド状況をチェックできるメンバーも少なく…先ずはポイント選びを夏の延長とするのか?冬の手前とするのか?

難しい状況です。

スタートは朝5時30分で終了は4時。

今回も最大魚1本勝負です。

 

自分は昼過ぎまでの“時短バージョン参加”という事もあり、とりあえず一番魚は触れそうな先日『超絶藪こぎ』にて開拓したポイントにメンバー2人を伴って、一緒に3人で朝イチから入ります。

このポイントは先日の状況から30前後の魚は釣れると思いますが…はたしてその中にBIGスモールが混じるのか?そこがポイントです。

 

そして結果は…

35㎝のキーパーをキャッチできたのが10名中2名。

優勝は37㎝で今年の大会でははじめて優勝が40アップを下回る結果になりました。

 

ほとんどのメンバーは魚自体は釣れますが…30㎝前後が多く、キャッチ数が一番多かったのは優勝したナオさんで9本。

一緒に『超絶藪こぎポイント』に入り数を釣っていくなかで、なんとか37㎝を混ぜてきた感じの結果でした。

ちなみに自分は4本キャッチして最大36㎝で2位でした。

 

やはり秋のこのタイミングは魚自体は動いて広範囲に散らばります。そして捕食活動もタイミングで積極的にしてます。

ただ…BIGスモールの動きが読めない。

何処に行ったのか?

 

難しい季節ですね~💦

f:id:yasufumi617:20181021114558j:image

※優勝37㎝(ナオさん)


f:id:yasufumi617:20181021114912j:image

※第2位(自分)

【107話】秋のBIGスモール…10月13日

先の【105話】【106話】でもふれた、昨年の秋…この時期に50アップが連発したポイントで、はたして今年もその再現はあるのか?

まだ様子見ではありますが…先日1つの答えが出たので報告です。

 

まず、このポイントのコンディションとして…

今年は夏の猛暑と台風の影響で季節の進行(水温低下)は昨年よりも少し遅れ気味。

9月末の段階でまだ水温が24度を超えてます。

魚の反応もコバスは夏場同様にウロウロしていいて元気にバイトしてきますが…狙いのBIGスモールの気配は全くない状況。

 

そして10月に入り…

10月3日に35㎝が1本にコバスが数本釣れて上り調子。水温22度。

 

10月6日に40㎝クラスが2本釣れ。

10月8日も同サイズが釣れました。水温21度。

(昨年に50アップが連発した時の水温がまさにこの21度)

 

そして満を持して10月10日の『SmBD川スモール大会』で“本命ポイント”としてタコ粘りでやりました(水温20度)

しかし結果はMAX35㎝クラスで、狙いのサイズとは程遠い魚で終了。

正直…今年は終わった感がありました。

 

しかし…まだ水温が20度あれば可能性はあるかな?って13日に再チャレンジしてみました(水温20度)

 

そして…やっと念願の狙いの魚が釣れました。


f:id:yasufumi617:20181015161425j:image

これです。これ。

求めていた魚はこれです。

 

48㎝で50には届きませんでしたが…ブリブリの体高あるグッドコンディションのBIG川スモールマウスバス。

しかもこの日は同サイズのバラシが2本あったので、BIGが入って来てましたね。

※バラシ動画 SmBDインスタグラム※

↓↓↓

https://www.instagram.com/p/Bo_avQfhlcK/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=l8i44qxgd8lk

さぁ~これから50の連発はあるか…楽しみです。

【106話】10月SmBD川スモ大会からみる今年の秋

先日10月10日…今年6回目になるSmBD川スモール大会を開催しました。

 

フィールドコンディションは9月の台風連発の影響で大荒れになった河川もほぼ回復。

安定コンディション状態になった所で、更に当日の気温(最高25度)&天気(晴れ時々曇り)も安定しており、自分的には秋爆の予感みたいなものがありました…

 

そして結果は7名参加して6名が35㎝以上のキーパーサイズをキャッチするという予想通りの好釣果でした。

 

ただ…久しぶりにフルで朝の5時から約10時間釣りした個人的な感想としては『渋い・思ったほど釣れない』です。

 

自分がメインにしていたのは荒川本流の昨年の同時期に50アップが連発し45アップが爆発したポイントでした。

※昨年の50アップ連発写真

f:id:yasufumi617:20181011205725j:image

YouTubeアップ動画

https://youtu.be/y-ndUD4hT0A

約1週間前から同ポイントにちょこちょこ入り状況をみてましたが、昨年のようなスーパーBIGはでないものの40前後がコンスタントに釣れるようになり、これは大会ではドンピシャ50アップ連発のタイミングになるのでは…とかなりの期待をしてました。

 

しかし…蓋を開けてみると『沈黙…』

50アップどころか、40アップも釣れません。

粘って36㎝をキャッチしましたが…これは求めているサイズにはほど遠い。

支流に移動してなんとか43㎝をキャッチして…再び入り直しましたが…やはり『沈黙…』でした。

 

45㎝で優勝したヒロさんも荒川本流勝負でしたが…その45以外は沈黙で『渋い』という印象は強かったようです。

 

『沈黙』の原因が何なのか?

台風で川の中の季節は一気に進行してしまったのか?

たまたまタイミングが合わなかっただけなのか?

答えを探して今後もそのポイントには行ってみたいと思います。

 

はたして今年も去年の再現はあるのか?

はたまた…このまま沈黙して今年の終了を迎えてしまうのか?

どちらになるでしょう。

※大会の詳細はSmBDのインスタグラムにて…

https://www.instagram.com/p/BowKVs9Bf6I/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=i1zghly19fbu

【105話】インスタグラムbyスモールマウスバス道SmBD

今回はスモールマウスバス道のインスタグラムの紹介です。

SmBDのインスタグラムをスタートして1年以上経つので、既にご存知の方も多いとは思いますが…

現在は、更新するのが楽で早いインスタグラムに日々の釣果報告等をタイムリーにアップしてます。

もし気になる方がいらっしゃれば…覗いてみてください。


スモールマウスバス道/SmBD yasufumi.biz on Instagram: “SmBDの今年6回目の川スモ大会を開催(35㎝キーパーの最大魚1本勝負)参加者7名で6名がメイク⤴優勝は45㎝でヒロさん。これでヒロさんの年間チャンプもほぼ確定👏ヒロさんおめでとうございます🎉プレッシャーのかかる中での45には脱帽です。ちなみに自分は43㎝で2位でしたが…いや~楽しかったぁ⤴⤴…”

【104話】2018年10月7日~8日秋の釣果

約3ヶ月ぶりのブログ更新…

このブログの存在を忘れつつありました(笑)

ちなみに現在はインスタグラム『yasu_smbd』の方で日々のタイムリーな釣果報告等をしてるので、気になる方はそちらもご覧になって頂ければ思います。

 

さて…10月になりました。この10月は個人的に好きな季節。

理由はデカイのを狙って釣れるから…

去年『奇跡の50アップ連発!!』したのもちょうどこのタイミング。

※その時のYouTubeアップ動画※

https://youtu.be/y-ndUD4hT0A

 

これは自分がメインにしている荒川水系だけの話ではないと思いますが…

9月の台風で“荒れに荒れた河川”が回復するタイミング。

その時がチャンスだと思ってます。

 

スーパーBIG川スモール達は川のコンディション回復と共に徐々に冬を感じて動きだし…積極的に補食活動をするイメージです。

 

今年はまだ10月に入りスーパーBIGの捕獲はありませんが、11月を迎えいよいよ冬将軍の到来で渋くなる前に、なんとかもう1本50アップを釣りたいです。

【写真】

今月に釣ったまぁまぁサイズの川スモールマウスバス。
f:id:yasufumi617:20181009091120j:image
f:id:yasufumi617:20181009110456j:image
f:id:yasufumi617:20181009110527j:image


【103話】川スモールはストラクチャーに依存するのか?

今回は川スモールマウスバスの付き場所に関して考えてみたいと思います。

 

一般的にラージマウスバスが付く場所…

依存する場所はストラクチャー(障害物)といわれてます。

なのでラージマウスバスのストラクチャー狙いの釣りは基本になると思いますが…

では、川スモールマウスバスはどうでしょう?

 

☆ストラクチャーとは☆

杭や鉄柱、立木、ブッシュ、取水塔、テトラ、岩、などなどの障害物です。

そういった水中のストラクチャーにラージマウスバスは依存し付きます。

そして当然アングラーもそのストラクチャーを狙います。

 

ラージマウスバスと比較して川スモールマウスバスは回遊性が高く…ストラクチャーに対しての依存度は低いと一般的には考えられています。

 

私自身の実釣経験でも回遊待ち(シーバスに近い)の釣りが有効であることは間違いありません。

魚自体が次から次へと入れ替わるのは釣りをしていて実感しますが…

 

では、川スモールマウスバスはマグロみたいに24時間ずっと回遊しているのか?(笑)

もちろん答えは『ノー』です。

 

では、川スモールの付き場所、依存する場所(休憩場所)ってどんな所になるのでしょうか?

 

私の結論からいうと…

川スモールマウスバスはストラクチャー(障害物)に対してもシェード(日陰)にも依存しません。

 

確かに川スモールもシェード(日陰)になるテトラ、橋脚、岩、鉄柱などの裏に付くことは多くあります…

ただ…それはストラクチャーやシェード(日陰)の存在自体でそこに付いているのではないと思います。

 

川スモールがストラクチャーに付く理由は…

『そのストラクチャーの存在で川の流れに変化が起こるからです』

 

川スモールが依存するは…

『川の流れの変化』だと私は考えています。

もう少し詳し具体的にいえば『流れの裏側や流れのヨレ』になります。

 

私の経験からの話になりますが…

川の流れの変化がある場所に何かしらのストラクチャー(障害物)が存在している場合であっても、そのストラクチャーの存在によって流れに変化が起こっていない場合は…

川スモールはそのストラクチャーに付くことはなく、見た目には何の変化もない流れのヨレに付く事が圧倒的に多いです。

 

川スモールがストラクチャーに依存していないという根拠はその辺りにあります。

 

川スモールを狙う上で注目するべきポイントはストラクチャー(障害物)の存在自体ではなく、そのストラクチャーによって流れに変化が生まれているのかどうか??

そこになると思います。

【102話】6月のバス釣り…川スモールマウスバス

今回は6月の川スモールマウスバスの状況に関して話したいと思います…(動画連動)

 

どうでしょう?

皆さんの印象として6月は川スモールは釣れる月ですか??

自分の勝手なイメージとしては…

6月は1年の中で1.2を争う『デカイ魚を狙って釣れる月』になります。

スポーニング(産卵)から完全に回復したBIGスモールが鮎の遡上に合わせて流れ込みに積極的上がりはじめるのが、この6月からのイメージです。

 

自分の狙い方としては『1.ミノーの巻き』『2.スプリットのドリフト』『3.スプリットの放置』の三種類になりますが…

6月に関してはまさに…この三種類の釣り全てでBIGスモールを狙う事ができる月でもあると思います。

 

そしてこの季節に狙うエリアは『激流(強い流れ)の真ん中かその周辺のディープ&ヨレ』です。

 

川スモールの状況として…

6月になると水温の上昇や鮎の遡上と共に…バスが4月5月に居たエリアから川全体に散らばります。

散らばる事により…数釣りは確かに難しくなります。

ただ…その散らばった魚が何処に行ったのか?その絞り込みができれば、4月5月程の爆釣はないにしても…確実に魚を捕ることはできます。

 

そしてその散らばった魚がタイミングでさしてくる場所こそが…

『激しい流れが絡むエリア』になります。

 

是非…通っている川で流れが激しい場所を幾つかピックアップして…

そこを順番に回ってみることが『6月のスーパーBIGスモール』を手にできる確率を上げる近道になるはずです。


yasu 6月バス釣り/川スモールマウスバスbassfishing2018年6月 - YouTube

【101話】バスが釣れる日…釣れない日(川スモールマウスバス)

皆さんにとって『川スモールマウスバスが釣れる日』ってどんな日でしょう?

 

釣りに行く前に『今日は釣れそう』とか『今日は厳しそう』なんて…

アングラー一人一人の過去の経験から感じる事もあると思います。

 

私の主観ですが…

スモールマウスバスはラージマウスバスと比較して“気まぐれ”と言うか…

明確な『釣れる条件&要素』の絞り込は難しいと思います。

なので…川スモールアングラー個々によって『釣れる日』そして『釣れない日』の意見も別れる事が多々あります。

 

そんな中ではありますが…

私個人の経験上で『要素別』で考えてみたいと思います。

 

『天気』

ラージマウスであれば、晴れよりも曇り&雨が一般的には良いとされてますが…

川スモールに関しては『快晴』が釣れます。

 

真夏のガンガン日が照り人間がダウンする様な『茹だるような快晴の中』爆釣するなんて事は珍しくありません。

個人的にどの天気が一番良いかと聞かれれば、間違いなく太陽がガンガンに出てる『快晴ピーカン』です。

 

『風』

これもラージであれば多少風は吹いた方が良いとされますし、『無風』はダメって思う方が多いと思いますが…

川スモールの場合は『無風』が間違いなく良いです。

これも私の経験上の話ですが…爆釣する日は圧倒的に『無風』の日が多いです。

 

『水量』

水量関しては減水傾向よりも増水傾向の方が魚は動くと思います。

ただエリアによっては減水で川の流れが変わりヨレ等ができると…突然釣れだすエリアもあります。

 

『水質』

川の場合は特に『水質』は『水量』と絡みます。

『増水』の時は『濁り』が入る傾向がありますが…

この『濁り』は川スモールにとって間違いなくマイナスです。

ささ濁り程度ならまだ大丈夫ですが…

明らかな濁りはマイナスに働く事が圧倒的に多いです。土茶濁りの場合はほぼ釣れる可能性はないと思ってよいと思います。

『水質』に関しては『クリア』であればあるほど良いです

 

 

結論的して…

『快晴で無風のクリアな増水傾向』

これが私の主観的な川スモールが釣れる日になります。

これから釣行の日がこんな日だったら…

是非期待して下さい。責任は持てませんが(笑)

 

 

【100話】SmBD5月川スモール大会

先日…SmBDメンバー内で今年1回目の川スモール大会を開催しました。

 

今年の予定では年間で7回程度開催して…

その中で各自3回は参加してもらい、その結果に応じた総合ポイントの合計で年間チャンピオン(アングラーオブザイヤー)も決めるつもりです。

 

ルール関しては…スタート地点に朝5時集合して夕方の4時に戻って来れれば基本的に何処に行っても大丈夫なので、大半のメンバーが高速を使って最近不調の荒川水系から利根川水系等に移動する人も多く、勝敗的にもやはり先ずは魚影の濃いエリアを選択出来るかどうか??

そこがキーポイントになる感じです。

 

勝敗は単純に最大魚1本の長さ…キーパーサイズは35㎝に設定して、とにかくデカイスモールを1本捕りに行くスタイルです。

 

そして快晴無風のグッドコンディションで行われた結果は…

 

1位が49.5㎝でTさん。

移動からの次のエリアが当たった感じでの見事なBIGスモール。

このサイズを大会で捕られたら…正直お手上げです。

おめでとうございますm(__)m


f:id:yasufumi617:20180523105439j:image

2位が47㎝でHさん。

仕事が忙しくなかなかプラもできない中で最初に行ったエリアがハマった感じです40アップ3本はお見事でした。


f:id:yasufumi617:20180523105535j:image

3位が45㎝でKさん。

高速を使っての移動…エリアは正解だったと思いますが…上の二人がデカ過ぎました。

けど納得のサイズでしたよね。てっきり優勝だと思ってたみたいですが…(笑)

今回はホントハイレベルでした。


f:id:yasufumi617:20180523105651j:image

そして一応…私は荒川本流中流域エリアの選択が大きく外れて惨敗の26㎝…

 

プラの段階で明らかに魚影が薄いのは感じてましたが…『まぁ~丸一日あれば…なんとかなるでしょ~』って思ってましましたが、実際はそんなに甘くないです。

やはり釣りは…魚がいるところでやらなければ…釣れません(笑)


f:id:yasufumi617:20180523105835j:image

 

ノンキーパーでポイントは0。

これで…私の年間チャンピオンは大きく遠のく感じですが…まだまだ諦めてませ~ん。

 

 次回は6月に開催予定ですが…リベンジ頑張りまーす。

 

 

【99話】川バス攻略…ドリフトの釣り/スモールマウスバス


yasu バス釣り4月ドリフトの釣り/川スモール入門編bassfishing2018年4月 - YouTube

 

『ドリフトの釣り』そう聞いて…

『もちろん知ってる』って方と

『うん??なにそれ??』って方がいると思います。

 

この『ドリフトの釣り』は川スモールマウスバスを狙う上では必ず知っておいた方がよい“釣り方”の1つになります。

 

私が年間通して川スモールを狙う上で“釣り方”を簡単に分けるとすると…

1.『巻きの釣り』ミノーやシャッドを投げて巻く釣り。

2.『放置の釣り』ワームを1箇所に放置をして動かさない釣り。

そして3.『ドリフトの釣り』

この3種類になります。

 

『ドリフト』って聞くと…まず土屋圭一さんやイニシャルDを思い出す方もいると思いますが…(笑)

あの『ドリフト』は車の後輪を滑らせながらコーナーを曲がるドライビングテクニックになりますが…

それと語源的には同じだと思いますが…

釣りの場合のドリフトは『滑らせる』というよりは『流す&漂わせる』になります。

 

この“釣り方”は『川』という『流れ』が存在する場所のみで可能な釣り方です。

要するに『川の流れ』に合わせて『ルアー』をそのまま下流へと『流す&漂わせる』釣りです。

 

大半は『ワーム』を使いそのままコロコロと川底を転がすのが一般的ですが…

ハードルアー』や『虫系ルアー』で水面を流す場合などもあり…

『ドリフト』の後に『巻いたり』『放置したり』を組み合わせをする事も多いので、この『ドリフトの釣り』を覚えると川バスの釣りの幅がグーンと広がると思います。

 

リグ的には『スプリットショット』『キャロライナリグ』『ノーシンカー』『ダウンショット』『ネコリグ』などワーム系の釣りであれば全て可能で…

水深や流れの早さ等でシンカーの重さは使い分けます。

私の場合は『スプリットショットリグ』でシンカーの重さは3㌘~5㌘を使う事が多いです。

 

『ドリフトの釣り』に関して…

まず狙う川スモールの状態としては『巻きの釣り(ハードルアー)』では反応しない(釣れない)魚を狙う感じです。

『巻きの釣り(ハードルアー)』で釣れる魚は小魚を追っかけ回して積極的に動き廻る魚で…『やる気度数』は100%です。

この『巻きの釣り』で釣るのがバス釣りの最大の魅力ですが…

正直…バスがこの『やる気100%』状態の時間は非常に短時間で、この魚に出会える確率は季節にもよりますが…そんなに高いものではありません。

 

スモールマウスバスにとって小魚は非常に栄養価が高く…餌として最高の対象ですが…

動きが早いので補食の難易度が高く、かなり体力を必要とする補食行動になるため、それなりに条件が揃わないと行わない行動になると思います。

 

それに対して『ドリフトの釣り』で狙うスモールマウスの状態としては、上流からゆらゆらと流されてくる『川虫、川エビ』を待ち構えている状態です。

補食対象として『川虫、川エビ』を『小魚』と比較した場合は栄養価値としては低くなるとは思いますが…圧倒的に補食に関しては簡単です。

なので…私の経験からいっても『小魚』は食わないけど、『川虫、川エビ』は補食する状態でいるバスは非常に多いです。

 

この『ドリフトの釣り』は『川バス』を狙う上では必要不可欠な釣りになります。

『川の流れの攻略』が『川バス攻略』に直結します。

もし…参考点があれば参考にして下さい。

【98話】一周年記念…追加メンバー募集

(5月17日段階で募集は終了しております)

沢山の御応募ありがとうございました。

(次回また募集の機会がありましたら宜しくお願い致します)

 

昨年の5月に『スモールマウスバス道』のメンバー募集して活動をスタートしてから、この5月でちょうど1年が経過しました。

 

今回は『SmBD一周年記念』という事で、若干名ではありますが…追加メンバーの募集をさせて頂きます。

 

現在のSmBDの主な活動内容としては…

1.メンバー間での日々の釣果の共有(LINEグループにて)

2.旬なエリアへのメンバー同士でのコラボ釣行

3.月1定期開催のオフ会(飲み会)での交流

4.今後…月1.2回ペースで開催予定の川スモール大会(今年は年間チャンピオンを決める予定)

5.川スモール聖地(千曲信濃川阿武隈川など)への遠征合宿

などです。

 

【募集要項】

荒川、多摩川利根川水系をメインに川スモールを狙ってる方でグループ内ルールに準じて大人の行動ができる20歳以上の方。

また…主に大宮で月1で開催されるオフ会にたまには参加可能で老若男女は問いません。初心者歓迎です。

 

ご希望される方は…【質問】の答えを添えて下記のアドレスまでメールをお送り下さい。

【質問】

1.メインフイールド&月間釣行回数

 

2.年齢(だいたいで可)&性別

 

3.今年の釣果

 

4.釣りに行く時は単独?複数??

 

5.自己アピール(最重要視します)

また私と釣り場で直接会話した事がある方、またブログやYouTubeにコメントをくれた事のある方は考慮しますので詳細を添えて下さい。

 

★応募者専用メールアドレス★

smallmouthbass@excite.co.jp

【97話】今年初の50アップのスモールマウスバス

YouTubeの『スモールマウスバス道』にて動画公開しましたが、先日今年初の50アップの川スモールをキャッチできました。

(ギリギリ50㎝でしたが💦)

 

そのスモールをキャッチした状況は…

その前にスーパービッグ(目測55㎝クラス)を無念のフックオフでバラシてしまい。

意気消沈の状態で…

『今日はもうダメだなぁ~』って半分諦めモードで…メガバス『ワンテン』をブン投げて高速巻きをしているだけの完全に殺気がゼロの時に…

テトラの裏から一瞬デカイ影が『ワンテン』に反応したのが見えました。

 

コイが反転しただけかもしれないって思いながらも…

念のためフォローでその影が見えた所にドライブスティックを送り込み…しばらく放置してみると…『ググッーン』って明確な食い込みバイト!!

 

初めは45クラスかな?って思いましたが…

キャッチした瞬間『これはギリギリいったかな?』って感じでした。

 

今年初の50キャッチは大満足でしたが…

 

あのバラシたスモールは『引きの強さ』だけだと遥かに上だったなぁ~って思うと…やっぱりちょっと悔し~い。


yasu 50アップ?春バス釣り/スモールマウスバス2018年4月blackbass - YouTube

【96話】川スモールマウスバスのポイント選択

春を迎えて川スモールも本格的なシーズンインをきっかけに…最近こんな質問を多数頂きます。

 

『川スモールマウスバスを狙ってみたいんですが…有名ポイントは人も多く、なんとか自力でポイント探索しようと思い…川をウロウロするんですが何処がいいのか??サッパリわかりません。何かいい方法はありませんか?』

 

私自身もそうでしたが、今までバス釣りの経験がラージマウスバスの止水域(池、湖、ダム)が中心だった方とかは、ラージマウスの釣り方が先入観で入ってしまうと、尚更…川スモールのポイントを自力で探すのは難しくなると思います。

それはラージマウスバスとスモールマウスバスは全く別の魚だと思った方がよい位の違いがありますし、狙うポイントも全く違うからです。

【参照】71話ラージマウスバスとスモールマウスバスの違い↓↓↓↓↓↓

http://www.yasufumi.biz/entry/2017/07/11/120730

 

そして…川スモールのポイントといっても…生息地域や川の状況や季節…etc.によって変わる点も多くあり、一概には“ここ”って言えない点も多くあります。

例えば…都内を流れる二大ビッグリバーフィールドの荒川と多摩川であっても…その川の性質などはかなりの違いがあり共通点と相違点があります。

 

そんな中で全ての川で当てはまるポイントは何か??

あれこれと沢山挙げると…どんどん複雑で難しくなるので…私なりに川スモール初心者の方でも分かるように、シンプルに1点に絞り込んで考えてみたいと思います。

 

もし参考になる点があれば参考にして下さい。

 

 

川スモールのポイントとして一番の“鍵”になるのは…

 『川の流れの変化』

です。

 

例えば…ラージマウスバスを狙う場合だとストラクチャー(鉄、木、コンクリート、ブッシュ等の障害物)がポイントになるのは一般的だと思いますが…

川スモールの場合は、そのストラクチャーの存在自体ではなく、その存在によって川の流れがどう変化しているのか?

そこがポイントになります。

 

わかりやすく説明すると、

例えば両岸がコンクリートで用水路みたいな川で、一直線にただ流れているだけの場所は当たり前ですが…ポイントになりません。

 

ただ堰があれば…まずそこで『流れが止まる』

そして流れ出しは『流れが強くなる』

そして強い流れの周辺は『流れがヨレる』

 

また川が曲がっている場合は、流れがあたる側の水深は深くなり『流れは弱くなる』

そしてその対岸は『流れの反転流が出来る』

 

また川幅が狭くなる場所はまず『流れは弱くなり&水深は深くなる』

そして、その先で『流れは速くなり&水深は浅くなる』

 

そういった『流れの変化』がある場所が川スモールを狙う上でポイントになる場所です。

 

ただ…当たり前ですが実際に足を運んで実釣しないとわからない部分は多いです。

 

そして具体的な方法として以前もこのブログ内で何度も紹介してますが…

グループマップの『航空写真』を見ながらある程度の“アタリ”をつけてから実際にそこに足を運び実釣して確かめる。

“アタリ”をつける場所として、初めはシンプルに『堰』と『川が大きな曲がってる場所』の2点に絞ってよいと思います。

 

そして実際に足を運んでからの大きな基準として、川底がハードボトム(砂利や小石や岩盤など)であればポイントになる可能性は高くなります。

川スモールを狙う上でハードボトムは大きなポイントです。

ちなみに川スモールは流れが強いエリアを好みますが、流れが強いエリアはボトムに泥等は堆積されずに流されるため自然にハードボトムになる。

それも理由の1つだと思います。

 

そして当然…全体的に泥状態のボトムが多い性質の川であれば、何処かにハードボトムのエリアがあれば、それはかなりのプラス要因になります。

 

 私自身もこのやり方で何度もポイントは発見しましたが…その逆で空振りも多いです。

 

初めは5ヵ所廻ってやっと1ヶ所見付ける程度かもしれないですが…

『1個のダイヤモンドを見付ける前は100個の小石を拾う』そんな感覚だと思います。

 

ただ…苦労して見付けた『ダイヤモンド』は格別だと思います。

 

※参考動画※

先日この方法で見付けたポイントでの実釣動画


yasu バス釣り/春のNEWエリア探索/川スモールマウスバスbassfishing2018年4月 - YouTube